スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンプラ好きのバイブル、コミックボンボン休刊。

オレのプラモ魂は不滅だぜっ!<挨拶

今日、なにげなくMIXIのニュースを見ていると、下の記事が目に留まった。

<講談社>「コミックボンボン」を休刊 (17日 10:56)
講談社は17日、小学生向け月刊漫画雑誌「コミックボンボン」を読者数減少のため12月号を最後に休刊すると発表した。81年創刊。「SDガンダム」などの人気作品を掲載してきた。しかし、近年は部数が低迷、ライバルの小学館「コロコロコミック」とは大差がついていた。
(毎日新聞)

なんと我が少年期のバイブルであった「コミックボンボン」が今年の12月号を最後に休刊するとの事。
昔からどちらかというとボンボン派だった私としては、非常に残念なニュースである。
私の読んでいた時代のメインはナニか、と言えばやはり、「プラモ狂四郎」や、「はじけてザック!」・「ファミコン風雲児」・「Oh!Myコンブ」・「王ドロボウJING」・「サイボーグクロちゃん」等が思い出されます。
また、ボンボンはTVアニメ、特にロボットアニメ系とのタイアップも多く、有名所では各種ガンダムシリーズを筆頭に「重戦機エルガイム」や「超力ロボガラット」・「キャッ党忍伝てやんでぇ」なんかを記憶しています。サンライズ系…特にリアルロボット系が多かったですねー。
他にはホビーやゲーム関係などのタイアップも多くありました。
私の記憶だとやはり武者や騎士を筆頭とした「SDガンダム」や「ロックマンシリーズ」・「平成ミクロマン(マグネバワーズ)」・「甲竜伝説ヴィルガスト」・「貝獣物語」辺りが真っ先に浮かびます。

とにもかくにも時代なんでしょうねー。
やはり、大きな後ろ盾を持っているコロコロには残念ながら勝てなかったのでしょう。

非常に残念でなりません。
固定記事

◇この記事へのコメント

『』
まじっすか…。
ボンボンがMSVからZZにかけての頃のガンダムを前面に押し出してた頃、コロコロがそれに対抗するためにゾイドバトルストーリーを誌面で展開させてたのが懐かしいです。
あと当時はボンボン以外の雑誌でMSV等のコアなガンダムネタを紹介してた雑誌は他に類を見ませんでしたね。
(本来ジョニー=ライデンは当時ボンボンに掲載されてたMSV戦記に載ってたイラストのような落ち着いた感じのかっこいいおじさんなんです。カードビルダーに出てる兄ちゃんはギレンの野望に出るに当たって新規に描き直されたものです。ハイ。)
今思うとあの頃のボンボンはかなり強力な後ろ盾を持ってたことになりますが、今ではガンダムエースやHJ誌、電撃誌などがこぞってそういった路線を展開させてるので、それによってそういった記事や特集が目当ての読者が離れていったのも想像に難しくないと思います。
30周年を迎える前に休刊…残念でなりません。
2007/07/18(水) 19:21:35 | URL | ロードゲイル #9L.cY0cg[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

SDガンダムシリーズが最高によかった 2007/07/25 15:32:02 ◇ ガンプラをたくさん集めました

商品名BB戦士No.290 デスティニーガンダム プラモデル商品コードGDS-4264販売数量制限お一人様 3 ヶまで。(同一住所、あみあみ本店支店合わせての制限数です)メーカーバンダイ ホビー事業部発売日06年05月未定作品シリーズ名BB戦士原作名機動戦士ガンダムSEED DESTINY詳細

2007/10/13 20:33:53 ◇ このマンガが読みたい!

サイボーグクロちゃん『サイボーグクロちゃん』は月刊コミックボンボンに連載されていた横内なおきの漫画。現在は、原作者監修の下、内田じゅんたによって連載されている。アニメ化もされ1999年10月から2001年1月までテレビ愛知(テレビ東京系列)で放映された。単行本(コ

アイマススタンプラリー2nd巡回中>現在位置:PC巣鴨→神保町スマイル館◇ ◇昨日のコース:徹カラ>コミケ(無茶
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。