スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【チープトイ】カセットロン?いいえ、カセットアニマルです。

 昨日我が家にこんなものが到着しました。
問屋から送られてきた状態
 ちなみに中身は・・・
カセットアニマルパッケージ
こんなんですw
「ナニ、この妖しいカセット玩具・・・」
・・・と思ったそこの貴方!おおむね正解ですw

荷物の正体は当ブログのリンク先でかつ、玩具仲間のミラたんこと幻無氏に某所で教えてもらい、
「面白そうだし、安いから入手してみるか。」
・・・という単純な理由から某問屋から注文した品物でしたw

これの正体は「カセットアニマル」。駄菓子屋とかファミレスのお子様メニュー等の景品として流れてるモノのようです。

要するにトランスフォーマーG1時代のカセットボットシリーズのパチモノです。
上の写真のビニールにみっちり25個雑多に詰められていました。
色は全部で4色(青・赤・緑・紫)詰められていましたが、青だけ妙に多く、計10個入っていました。
(他の色は5個づつ)固体としての種類は5種類でした。

タイプとしては、ジャガータイプ・フレンジータイプ・スチールジョータイプ・アムホーンタイプ・スクォークトークタイプの、5種類。
しかしオリジナルとは違って武器パーツは付属せず、サイズの問題でサウンドウェーブ(ブラスター)やブロード(ツイン)キャストには格納できないらしいです。

また、知ってか知らずか各カセットラベル側には「5 iN 1」と入っています。
で、梱包袋から引っ張り出して色別に整理してみたところ、下記の結果になりました。

【青チーム】
青カセットA   青カセットB
左のモノがフレンジータイプ、右のモノがスチールジョータイプです。
写真だとスチールジョー側が1個足りませんが、チェックのために一個開けた状態で撮影したからです。

【赤チーム】
赤カセット
こちらはジャガータイプのみですが、ラベル側に色違いがありました。
右端のオレンジっぽいのはたぶん元は黄色だったのではないかと(汗

【紫チーム】
紫カセット
こちらはアムホーンタイプだけでした。
また、ラベル部分の色違いとかは特にありませんでした。

【緑チーム】
緑カセット
こちらはスクォークトークタイプのみでした。
これとジャガーのラベル側の印刷だけは何故かくっきり綺麗についていました。
写真は撮っていませんが、ちゃんとスクォークボックス時の足形態にも変形できます。

さて、それでは変形させてみましょう。
「カセットアニマル部隊、トランスフォーム!」

『ギゴガゴギゴ・・・』(例の音)
PIC_0492.jpg
さて、間違い探しみたいですが、1つだけ通常と違う変形をしているのが分かりますでしょうか。
そう、フレンジータイプだけは何故か顔が反対に作られていますw

顔以外は一応正しい向きなので、この状態だと体全体が逆というものすごい状態となっていますw
これだけのために買ってしまうのもアリかと私は思いますw

ヒトトオリ弄ってみましたが、再現度や精度が高いのはジャガータイプとスクォークトークタイプでした。

カセットアニマルの紹介でした。

※他の紹介サイトを見ると、白や赤のスクォークトークや青いジャガー等もあるようなので、この辺ももうちょっと探してみましょうかね。
・・・しかしいったいカラバリ何種類あるんだこれ(汗
固定記事

◇この記事へのコメント

『どうもです^^』
こちらでははじめましてです^^幻無です。

遅くなりましたがリンク貼らせていただきました^^
それから私もカセットアニマル注文したのでご報告をw

では、改めまして宜しくです^^
2009/04/16(木) 13:33:04 | URL | 幻無 #-[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 
【不具合】コメントが書き込めなかった件について◇ ◇【ジオスタ】公式でのお祭り企画に間に合わなかったモノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。